知らないと損をするワンゲートロジックの使用方法

ワンゲートロジックは通常のロジックICでは複数内蔵されているゲート回路の収容を単素子とすることで小型軽量化を図るとともに、その消費電力を抑えることで動作の効率化を図る為に開発されたものです。その背景には近年の機器の小型軽量化と低消費電力化が有ります。携帯電話やスマートフォンといった小型機器は小型小容量のバッテリーで動作していることが多く、その種皮電力を抑えることで駆動時間をのばすことができるため低消費電力を実現することが大きな課題となっています。小型化のためには集積回路を開発することで実現する事が多いものですが、同時に機器の価格を低くすることも製品開発の重要な課題となっており、集積回路の開発費を抑えるために既存の集積回路を流用することもお多く、周辺にロジック回路を追加することでその機能を増加するケースが多くそのために利用されることも多くなっています。

集積回路を手軽に流用できる点が大きなメリットです

携帯電話やスマートフォンといった機器においてはできるだけ多くの機能を実現する事が非常に重要です。その反面小型軽量化も大きな課題となっており、この異なる特徴を両立させることが販売数を増加させる為に重要な要素と言われています。併せて価格を低く抑えることも非常に重要となっているため、新たに集積回路を設計開発すると開発費が非常にかかってしまう為原価を低く抑えることができないが発生してしまうことになります。ワンゲートロジックは低い消費電力と少ないスペースで回路を追加実装できるため、既存の集積回路に回路追加を行う際に非常に効果的です。既存の集積回路を流用することで開発を抑えることができるほか、消費電力やスペースに大きな影響を与えずに実現できるとしてその利用価値が高いのです。

余分な素子を登載しない為発熱を抑えることができます

ワンゲートロジックのメリットは消費電力や搭載面積だけではありません。発熱量が低いことも集積度が高い現代の機器においては重要なメリットとなります。一般的なロジックICに於いては複数の回路が内蔵されており電源が供給されると全ての素子に電流が流れるため利用していない素子に於いても発熱が発生してしまうことからその発熱により機器内部の温度上昇を加速してしまう問題が発生します。ワンゲートロジックを利用することで利用していない素子による発熱を無くし必要最小限とすることで小型機器に適した利用ができるメリットがあります。さらにこれらの回路は低消費電力がより考慮されている場合も多いためその発熱量が通常よりも低く抑えられていることが多く、小型軽量化が重要な機器においては非常にメリットの高い物となっています。