ワンゲートロジックの便利な使い方

ワンゲートロジックは通常ロジックIC等で複数な移動されるゲート回路を単素子で収納するICのことで、非常に小型で消費電力も少なく設計されているのが特徴です。その為、小型軽量が要求されるスマートフォンやタブレットなどによく利用されるものです。従来のロジック回路に於いては複数の素子を一つのICやLSIに集積することで小型軽量化を図る例が非常に多い物ですが、近年の機器は集積度と共にそのコストも非常に重要視されるため、場合によっては過去の集積回路を流用したり、汎用的な素子を利用して回路構成を行うことも少なくありません。この場合には一分の電気信号を変換する必要最小限の素子を利用することが必要ですが、従来のICでは複数の素子を内蔵し一定の大きさで構成されることが多いため、軽量化の障壁になる事も少なくありませんでした。

集積回路の外付け回路として非常に効果的です

製品の小型化や軽量化のためには電気回路部分を集積化し小型化する方法が最も効果的です。しかしその為には多額の開発費が必要になる上、採算に見合う最低販売台数が予測されないとなかなか開発ができないデメリットもあります。そのため、多くの企業では既製の集積回路の一部を流用したり、回路の一部変更を行うことで新製品の開発費を圧縮し、その利益率を高めることが有ります。その際には必要最小限の汎用回路を追加することが求められる事が多いのですが、汎用回路の多くは消費電力が大きい事や汎用性が高い為そのサイズも大きな事が多く、製品の小型化を阻害する要素が多いので利用しにくい欠点があります。ワンゲートロジックでは必要最小限の回路を追加することができる上、消費電力も必要最小限で済むことから、このような場面で利用しやすいものとなっています。

消費電力を抑えるための部品として非常に重宝します

最近の電子機器は非常に小型でバッテリーも小容量の物が多いため、機器の消費電力を低くして動作継続時間を長くすることが大きな課題となっています。その為、部品それぞれの消費電力にも費用に気を配る必要があります。しかし、従来の汎用ICの多くは集積度を高めるために複数の素子を内蔵していることが多く、回路上では利用していない素子も多い物ですが、これらの為に消費電力が影響を受けてしまうことが少なくありません。ワンゲートロジックは単素子で構成されており必要最小限の消費電力に抑えることができることから汎用ICを使用する場合に比べ動作継続時間を長くすることができる効果が有ります。又、部品の実装面積も非常に小策なっていることが多く、機器の小型化にも貢献することができる重要な部品となっています。

ロチェスターエレクトロニクス社の正規代理店です。 製品によっては1個から購入できる「ひとつから」サービスがございます。 リピート注文も自動発注や手動発注ができます。 部品実装の見積もりと発注がWEBでできるようになりました! ザイコストアポイントはさまざまな商品と交換ができます。 実装WEB瓶が大変ご好評いただいております。まずはご確認ください。 半導体のことならお気軽にお問い合わせください。 ワンゲートロジックも一括検索ですぐにみつかる!